スポンサーリンク
(広告)

「ポケモンホーム」と「ポケ森友の会」の有料サービスを比較|どうぶつの森シリーズ発展のために必要なもの


ここ数カ月で有料サービスに課金するか否か判断に迷う作品があったので、その時の判断基準をまとめておきます。
比べる作品は「ポケモンホーム」と「どうぶつの森ポケットキャンプ」(ポケ森友の会)。

前提として・・・
どうぶつの森シリーズ
ゲームキューブ時代の「どうぶつの森+」から、おい森・街森・とび森・ポケ森とプレイ。
派生形のハッピーホームデザイナーもプレイしました。「あつまれどうぶつの森」は当然購入します。
今後、据置型・携帯機問わず、プレイするのではないかと思います。
追加DLC(エキスパンションパス的なもの)が出たら購入する可能性大。

ポケモンシリーズ
初回作から本編は全てプレイ。ポケダンもプレイしています。
スマホのポケモンアプリはほとんどプレイせず。(ポケモンGOもプレイせず)

ポケ森・友の会
お手伝いコースは月額360円(年間換算4,320円)。クッキー&倉庫コースは月額980円(年間換算11,760円)。
1ヶ月の無料体験コースあり。

ポケモンホーム
有料サービスのプレミアムプランは「月額360円、3ヶ月600円、年間1,950円」(年間の月額換算は約163円)
機能を大幅に制限した無料プランあり。

結論:ポケ森友の会は課金せず。ポケモンホームは年間使用料を支払いました。
その理由と今後を考慮して、どうぶつの森シリーズ発展のために私なりの意見を書いておきます。
(どうぶつの森シリーズは素晴らしいコンテンツなので、ファンの1人としてより良いサービスを展開してほしいと願っています)
(PR)



まず、ポケモンホームの「プレミアムプラン1年分を購入」した決め手は、
「サービス内容が充実している」「月額換算で約163円なら安い」と判断したことでした。
ポケ森・友の会のお手伝いコースは無料期間を試した上で、「あると嬉しいけど、そこまで必須ではないかな」
と思ったことで課金しませんでした。
ポケモンホームは「過去作品(サンムーンや金銀・ピカブイ等)・現代の作品(剣盾やポケモンGO)の全てが繋がり、
忙しくなかなかゲームをする時間を確保できない大人にとって、嬉しい要素がありました。
スマホ上でポケモン交換ができますし、図鑑も見られることから攻略本等で一々図鑑を買わなくてもよくなります。
(全国図鑑が出たとしても、量が多過ぎて書籍としては場所もとるし見づらくなってしまうので、
スマホ上でのサービス化は最適だったかと思います)
出勤中にミラクル交換・GTSをセットしておいて、帰りにポケモン交換が完了している。
移動中等の時間を有効活用できるのが大きなメリットです。
そして、その結果を現作品(剣盾)に反映させることができることが大きい。
今私が困っていたのは「図鑑を完成させたいけど、時間がとれなくて完成しない」という点でした。
諦めそうになっていたのですが、ポケモンホームのおかげで前進しそうな気がしています。
また、今までの過去作品で一緒に冒険したりバトルで主力だったメンバーを連れてくることもできるので、
「長い付き合いの相棒と、ずっと一緒に冒険・バトルができる」というのも嬉しい要素。

ポケ森・友の会の場合は、これが足りない部分ではないかな?と思いました。
例えば。
これから出る「あつまれどうぶつの森」との連動。これは仕掛けてくるとは思いますが、絶対に必要な要素と言っていいでしょう。
そうした時に、「あつ森」と「ポケ森」の両方で有料サービスがあれば、尻込みする人も多くなります。
(あつ森で有料サービスがあるとしたら、3,000円程度で買い切り型のエキスパンションパスでしょうか)
今はポケ森だけのメリットなので、そこが弱い。スマホは空き時間等で手軽に遊べるのがメリットだと思いますが、
そこから更に「アイテム集め等の要素をお手伝いしてもらう」という要素では、あまり大きなメリットとは感じられないのかもしれません。
(ようするに、軸がどこに置かれているか、の違い)
だから、ポケ森の有料サービスは「あつ森」との連動次第で大きく化ける可能性を秘めていると思います。

個人的に入れてほしいな、と思う要素はポケモンホームのような「過去作品との連動」です。
アイテム等は不要なんですが、主人公キャラや好きなどうぶつ、例えば「とび森でずっと一緒に暮らしていたオーロラさん」を
クラウド上に移動⇒あつ森へ引っ越しして、また一緒に暮らすことができる。
そういう要素は有って良いのかな、と思っています。
あまり細かい部分は引き継がなくても良いと思うので、ちょっとした前作品の事に触れるぐらいでいいのかな、と。
新作品をプレイした際、オーロラさんに出会えず終わるとしたら、作品の楽しみも半減してしまうと思うので(^^;
(どうぶつの森シリーズのファンの方に多いのでは?)
ポケモンで「前の作品で一緒に冒険したピカチュウと、また新しい世界で一緒に冒険する」と同じ感覚です。
「ポケモン」と「どうぶつの森」の最大の差は、この連動性があるか、無いか。という点かもしれません。

上記のようなサービスは難しいと思いますが、できれば「あつまれどうぶつの森」へメリットがある要素は
取り入れてほしいと思います。
シリーズの柱となる本編側の方でのメリットがあれば、その為に加入する方も増えるはず。
「ポケ森のために課金はしなかったけど、あつ森のためにポケ森側で課金する」という方は居ると思いますので。
上記でも触れましたが、月額の差が無い中で加入するかしないか、の判断が私の中で分かれたのは
「自分にとって必要な要素があったかどうか」という点なので。
いくつか思いつく案を書くと・・・。
1)ポケ森のイベント家具を「あつ森」側に送れるようにする。
2)ポケ森のどうぶつ達が、「あつ森」に登場する。(一時的に遊びに来る、だけでも良い)
⇒ただし、ポケモンと違い同じどうぶつが2つの世界に居る事になるので、これは難しいかもしれない。
だから、やるとしたら「ポケ森⇒あつ森への引っ越し」でしょうか。
(あつ森側に居ないどうぶつだけ、引っ越しが可能)
※と言っても、ポケ森側の処理が難しくなりそうなので、無理かもしれませんが、アイデア次第で回避はできるかも。
3)あつ森からポケ森のキャンプ場を見学できるようにする。

本当はポケモンホームのように、「本編でやり尽くせない部分を、スマホ側で補える」というのが理想なんですが、
世界観等を考えると難しいところはあるかもしれません。
今のところ単体の世界観で終わってしまっているので、新作「あつまれどうぶつの森」との連動は必須と言えるでしょう。
工夫次第で「それなら加入する」という方は増えてくると思いますので、
どうぶつの森シリーズ発展のために、いろいろと意見を出していければと考えています。
(過去作品の時もそうでしたが、こういった意見は任天堂サポート窓口等に送るようにしています)
(PR)

とび森プレイ日記の「オススメ記事」:

スポンサーリンク
(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする