スポンサーリンク
(広告)

ポケモン映画2018の感想(ネタバレ注意)【みんなの物語/ゼラオラとルギア】


ポケモン映画2018「みんなの物語」の感想。(多少ネタバレ含む感想記事なので、行く前の方はご注意を)
伝説ポケモンはルギアとゼラオラ(幻)。
ルギア、前売り券で配布されていた割には登場場面がちょっとしかなくて、
去年の「キミに決めた」のホウオウから比べて半分以下だったかな?(^^;)
最後の最後で少し出てきて、雨降らして(風を吹かせて)終わりです。
ゼラオラは出番も多く、メインのポケモンとして活躍していました。ネコっぽい。
バトルで使うとしたら、なかなか強そうです。特性が「ちくでん」なのと、「技」との相性がいいので活躍しそう。
(PR)



作品の感想としては「大人の女性向けかな?」という印象。巨大な伝説ポケモン達が暴れまわるタイプではなく、
ストーリーで魅せる内容でした。「面白かった」と思います。(個人的には、ピカチュウ要素が強かった昨年の「キミに決めた」の方が好き)

今回一番印象に残ったのは、芦田愛菜ちゃんが声優をするラルゴでした。声優での仕事をしているのはあまり知らないのですが、
とても自然で感情表現も上手く、良い演技でした。一番合ってたかも(^-^)
映画全体としては、イーブイ推し。川栄李奈さんが演じるリサがゲットしていましたが、可愛かったですね。
そこにレッツゴーピカチュウ&イーブイのCMもあるわけで、広告効果は高そうです(笑)
(映画見てからあのCMを見ると、ピカチュウやイーブイが好きな人は買いたくなると思います)

サトシのポケモンはピカチュウのみ。
今のアニメとは線引きしているみたいですね。(画風も作風もだいぶ違うので、合わないでしょうか・・・)
サブキャラ達も「相棒」役の1体のポケモンが中心です。
目立っていたポケモンは、ゼラオラ・イーブイ・ピカチュウ・ウソッキーでした。
(PR)

とび森プレイ日記の「オススメ記事」:

スポンサーリンク
(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする