スポンサーリンク
(広告)

【お城クラッシュの感想】3DS/DLソフトのレビュー


【お城クラッシュを遊んだ感想まとめ】3DS/DLゲームのレビュー記事
昨日発売された3DSのダウンロードゲーム、「お城クラッシュ」をプレイした感想・評価を書いていきます。
タワーディフェンス系のゲーム・ジャンルが好きなので、「お城クラッシュ」は楽しみにしていました(^-^)
(他のタワーディフェンス系のゲームとの比較も書いておきますね!)




=遊んだ感想・レビュー=
(1)良かった・おもしろかった点
中世ヨーロッパをイメージした、お城を守りきるスタイルのゲームで、
攻めてくる蛮族たちや軍を退けていきます。
鉄砲や大砲もなく、兵士が弓や剣で戦う時代。銃のある戦いよりも、これが好きな人には、
嬉しい要素でしょう。私のその一人。
基本的な要素はこんな感じです。
「お城の強化」「罠の設置」「兵士の配置」「戦闘中の指示出し(これは何もしなくても大丈夫な場合が多い)」
全体的に硬派な世界観です。
三国志や戦国時代の作品が好きな人であれば、見ただけでイメージできる強化アイテムがたくさんあります。
人が通りにくいような障害物を設置して足止めしつつ、城壁から弓兵で攻撃するのが基本的な
攻略パターンでしょうか。
兵士(槍兵や斧兵等、いくつか種類があります。相性もありそう。)の配置・設置から、
戦いが始まった後に指示を出す部分。
タワーディフェンス系のゲームとして、楽しめる要素は一通り抑えている印象です。

全体的な流れは「スタート前に罠や兵士を配置して、防御態勢を整える」⇒スタートしたら、簡単な指示は出すけど
基本は眺めている系のゲーム進行です。
難しくなってくると、細かい指示出しも必要になるのかもしれませんが、今のところは事前準備をじっくりやって、後は見学するスタイルです。
(そして、失敗したら、その反省を踏まえて配置をやりなおし、再チャレンジする。)
後述する、風雲・大籠城!やメゾンド魔王はリアルタイム性が強いのですが、こちらは「じっくり遊ぶ」スタイルでした。

クリア後の要素とは別なのか、難しいチャレンジモード的なものも用意されていたので、
やり込み要素は用意されているようです。

(2)悪かった・つまらなかった点
・不満要素は単純で、序盤から「説明不足」だったこと。
メインであるストーリーモードから開始しましたが、チュートリアル的なものがなく、
いきなり戦いに放り込まれた感じがします。突き放された感が強い。
兵士や防御系アイテムの特徴もわからず、とりあえず買って配置して・・・と、
「まずは試してみる」感の強いゲームでした。
この辺は500円と安価なゲームということもあるので、しょうがないかもしれません(^^;)
スピード感はないので、テンポの良さを求めている人には向いてないかも。
(倍速機能が欲しかったかな⇒速度調整機能がありましたが、最速にしてものんびりペースです。)

(3)他の作品との比較
3DSのニンテンドーeショップで発売している、タワーディフェンス系のゲームは
結構遊んでいるのですが、それ等と比較すると
「1位でも最下位でもなく、中盤辺りの評価」という感触です。
「風雲・大籠城!」が圧倒的1位。2番手候補は「メゾンド魔王」ですが、
ちょうど現在「メゾンド魔王」が割引セール中なので、持っていない方であれば
こちらもオススメ。
(と言っても、メゾンド魔王は世界観にクセがあるので、公式サイト等を見てから
決めた方がいいですね。)
後は「爽快感」を求めるのであれば、サムライディフェンダーの方がいいかもしれません。
じっくり考えるのが好きな人は、お城クラッシュがオススメです(^-^)
【とび森.com管理人ツイッター(rigfantom)】

とび森プレイ日記の「オススメ記事」:

スポンサーリンク
(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする