とび森.comトップページ > とび森・攻略データ > 村の環境をサイコーの状態にする方法

【とび森】村の環境に関する攻略データ公共事業や木・花の本数を整備して最高へ!

区画整理村を整備して、サイコーの状態にするための攻略情報を紹介

≪PR≫

役場で「村の環境状態」について確認することができますが、とび森でも今までのシリーズ同様に「環境の評価を最高の状態にして15日間キープ」すると、金のジョウロが手に入りました。(効果:水やりの範囲が広がって花の水やりが楽になるのと、金のバラを育てるのに必要なアイテムです。)
しかし、なかなか村の環境を「サイコー」の状態にするのは大変です。私も適当に木を植えたり切ったりしながらやりましたが、2作続けて上手くいかずに「区画整理」を行うことで解決しました(^^;)
とび森では環境への評価基準が非常に甘くなり、「公共事業重視で、区画整理は必要ない」と言われていますが、緑(木や花)のバランスで苦戦する場合に役立つので、どうしても環境がサイコーにならない場合は試してみてください(^-^)
まず村の環境をサイコーにするには、以下の要素が関係しています。
【評価基準】
(1)清潔さ(雑草の本数やゴミ・アイテムを地面に置いていないか。地面に埋めていないか。)
(2)自然の豊かさ(花や木の本数。また、公共事業が影響。)
(3)生活の豊かさ(公共事業が影響。)

【環境をサイコーにするやり方(目安・体験談)】
(1)木の本数を増やす(100〜200程度。多くの方が110〜150本でした。)
(2)花の本数(70本以上。住民の引越しで花や木の本数が減る場合があるので、多めに植えておくといいでしょう。1箇所だけでなく、少し離れた場所に植えていくとより安全です。)
(3)村の中にアイテムを放置していないか(アイテムを地面に置きっぱなしにするのはNG。ゴミは埋めたりせずに必ず片付けること。)
(4)雑草が生えていないか
(5)☆公共事業の設置(今作で最も重要視されている評価基準です。数多く設置することで、評価が上がります。作るものによって、「生活の豊かさ」や「自然の豊かさ」が上がっていきます。※内容次第では下がる場合もあります。)

最初に重要になるのが木の本数です。役場で聞くと「あの辺の緑が多過ぎる・・・」「少な過ぎる・・・」という感じで、木の多い・少ないを教えてくれます。 ただ、詳しい場所がわからないんですよね(^^;)
≪PR≫


そこで便利な方法が「区画整理」と呼ばれるやり方です。
『区画整理のやり方』
手間だと思うかもしれませんが、経験談として結果的に一番早いのがこの方法です。
【第1段階】目標は村全体を均一に縦5区画×横5区画=全25区画に分けること。
一番端の列からやると間違えないでできます。一番右上か左上のマスから開始するといいでしょう。(川や橋の上等、通れないところにもマス目はあるので、それを踏まえて実施してください。)
まず村の一番端の列に一列全てにデザインを貼っていきます。下の画像のように貼っていくといいでしょう。これはマス目を数えるためです。(目視だと間違える可能性が高い)
とびだせどうぶつの森-区画整理のやり方-
縦の列を数えて例えば数が90マスだったら、90マス÷5(縦の区画数)=1区画が16マスとわかります。今度はその16マスごとに横一列にデザインを敷いていくので、16マスごとに違うデザインを貼り付けておくと後で迷わないと思います。
※とび森では「プレイヤーによって村のマス目の数が違う」ようです。1区画のマス目が変わってくる場合があるので、他の人の区画情報をそのまま使わずに、自分でデザインを貼って確認するようにしてください。また縦と横のマス目の数が違うことも確認できました。必ず縦と横のマス目を確認してください。

横にデザインを貼っていくと、今度は両端しか対応してなかった縦列のマス目を数えることができます。
今度も同じように、両端どちらかの列から16マスごとに区切り、縦列を作ります。
これで村全体が縦5区画・横5区画=計25区画に分かれます。(繰り返しになりますが、人によって村の幅が違うので、マス目が変わります。必ず縦と横を数えて、その数字から計算してください。)

【第2段階】今度は木の本数を調整します。1区画毎に10本〜12本ぐらいにします。
※木の本数は家や川など、大きな障害物がある場合は、少ない本数で大丈夫な場合もあります。
ここで注意してほしいのは、木の本数をメモしておくこと。縦に5本・横に5本の線を引いて、25区画のメモを作ります。そこに木の本数を書いておくと、後の作業がスムーズです。
木の本数をチェックしたら、役場で村の環境を確認します。多い・・・と言われれば、木の本数が多いところを1本減らして、少ない・・・と言われれば、木の本数が少ない区画に1本木を植えていきましょう。
※注意点:切り株の状態は木の本数にカウントされません。また、木の苗を植えたばかりでは評価してもらえません。木を植えた場合は、翌日に役場で評価を確認しましょう。
尚、お店で買う苗木も、果物の木も同じ1本と数えます。

【第3段階】木の本数だけではサイコーの状態にならない場合が多いので、最後はガーデニングに頼ります。
1区画にまとまった数(20本以上)の花を植えていき、それを5区画程も実現すると十分でしょう。(花は同じ種類を一箇所に集中して植えておくと、交配して自然に増えていくことがあるのでお勧めです。また、1箇所に全て植えるのではなく、区画を離して花畑を作ることで評価が上がりやすくなるようです。(合計本数だけではなく、「何本以上の区画がいくつあるか」というのも評価基準になっている可能性があります。))
花の水やりは大変かもしれませんが、15日間の我慢です!(笑)

【第4段階】サイコーの状態を確認したら、今度は15日間維持する必要があります。
一日1回、雑草抜きは忘れずに。後は村の中にアイテムやゴミ・ベル袋をポンポン置いていくのもNGです。15日の維持に挑戦している間は、「サイコー」から評価が下がらないように注意が必要です。特に通信中などのアイテム交換のために、大量に放置しておくのが危険です。相手側に事情を話して、1個ずつやり取りするなど、慎重に進めましょう。(5個ぐらいまでなら問題なさそうですが、何があるかわからないので、慎重にやった方がいいですね。)
※緑のバランスだけでは環境の評価が「サイコー」にはなりません。公共事業の設置数(マス目(数)も関係している可能性あり)が大きく影響しています。商店街を除いて、村側だけで13個前後の設置が目安です。
とび森でも金のジョウロがもらえます。(村の環境を最高の状態に保ったご褒美、といった感じですね。)
ここまで来たら後は村の環境を気にすることはないので、自由にして大丈夫です(^-^)
※プレイ日記でも村の環境評価を上げるための最新版・攻略情報を紹介しています。
>>とび森・攻略【村の環境評価をサイコーの状態へ!】
≪PR≫
ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) とび森.com All Rights Reserved.